フードプロセッサーとは?みじん切り以外に何ができるの?

 フードプロセッサーが流行っていますね。フードプロセッサーといえばみじん切りができて、ハンバーグやみじん切りができるというイメージが大きいですが、実はみじん切り以外にもたくさんの機能があります。

 

みじん切り

 フードプロセッサーの基本の機能がみじん切りになります。メーカーの機能表示では「きざむ」と表示されていることもあります。
 この機能により、みじん切りができますので、離乳食用に食材を小さく刻んだり、ハンバーグ用に玉ねぎをみじん切りにすることもできます。機種によっては肉をミンチにすることもできます。
 機種によっては細かくできるので、コーヒー豆を挽くこともできます

 

する

 みじん切りを更に細かくすることで、「すり身」を作ることもできます。エビ・いわしなどの魚類をすり身にできるのです。
 また、ジャガイモやとうもろこしをすることでポタージュを作ることもできます

 

おろす

【フードプロセッサー】おろし機能

 アタッチメント(刃)を付け替えることで、おろしを作ることもできます。大根おろしだけでなく、手が痒くなってしまうとろろなどもこの機能で作ることができます。
 機種によっては単に細かくすりおろすだけでなく、鬼おろしも作ることができます。鬼おろしカッターはリンゴも食感を残したまますることができるので便利です。

 

まぜる

 フードプロセッサーはまぜるという機能も充実しています。餃子やハンバーグのタネを混ぜたり、自家製ドレッシングやマヨネーズを混ぜることができます

 

こねる

【フードプロセッサー】こねる

 まぜる機能の一つ上の機能がこねるという機能です。
 こねる機能があれば、クッキーやパン、パスタやラーメンなどの生地をこねることができます製麺機と合わせればより簡単に麺を作ることもできますね。

 

スライス

 スライス機能はフードプロセッサーで付いている機種は少ないのですが、食材を薄く切ることができます。特に大家族の場合、一つの食材を切るのすら大変な苦労ですが、フードプロセッサーがあれば均一にすべての食材をスライスしてくれます。

 

千切り

【フードプロセッサー】千切り

 スライス同様、フードプロセッサーで付いている機種は少ないです。千切りはキャベツで役立ちます。最近はキャベツダイエットも流行っていますし、麺類の麺をキャベツの千切りに置き換えることもあるくらいです。
 大家族でキャベツの千切りを面倒に感じている方や、ダイエッターの方におすすめです。キャベツ以外にも、ジャガイモでガレットやサラダにも使えます。

 

ホイップ(泡立てる)

 フードプロセッサーでこの機能が付いている機種は少ないです。泡立て機があるご家庭では不要ですが、ホイップ機能があるとメレンゲや生クリームを簡単に作ることができます
 特にお菓子作りをされているご家庭向けの機能です。

 

くだく

【フードプロセッサー】くだく

 砕く機能があるフードプロセッサーは強力で、他のフードプロセッサーでは砕けないナッツ類や氷を砕くことができます